2017年10月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

Address

<p>こころの染め織り工房</p>
<p>〒670-0034</p>
<p>姫路市船丘町296番地</p>
<p>TEL:079-294-5555 FAX:079-294-5535</p>
<p></p>

言葉と共に生きる

nat0023

言葉の持つ働きを知ると
言葉が いかに多くの思いを届けているか、
実感します。

なぜ言葉があるのでしょう?

赤ん坊だった頃、言葉は話せませんでした。
赤ん坊は 言葉は要らなかったのでしょう。

簡単に こころが見えたり、
こころから 複雑な感覚も持ち出すこともなく、

言葉も使わず、 ただ泣いていた。

シンプルに 上手にサインを送りながら、
時間も リズムも 全てが 体の中から、
すくい出されるように、正確に 狂わずに
持って出てきていたからでしょう。

理由があって 泣いていた。
もしかしたら 深いこころに 何かを見たり
生まれた意味もしっかり持って、
意気込んでいたり
少し気を張り過ぎて 
泣く事もあったかも知れません。

大きくなるにつれて
「欲」との戦いが 切って落とされるようになります。

その時 言葉が飛び交う場面に 
言葉が角度を変えて行きます。

赤ん坊だった頃、
体やこころの意味を感じながら過ごしたことを
すっかり忘れて、、、、

言葉を 投げるものに使い始めます。
刺激や 驚異を求めて、、、

言葉の尊い存在は、規模や形を越えて、
服や 靴のように、
単発に使われて行くことが多くなります。

言葉はこころの化身。
こころのあるように、大切に使うものとして
創られ、こころを形にしたもの。

いつしか こころの中の穏やかさより、
荒々しい 削りたての木のように ささくれ立った部分を
刺激や痛さを  楽しさと感じて行く。

刺激がある笑いが特だと 信じてしまう。

あなたの言った言葉は、

まず
1)感じる  (心に響く)・・・発生

それが
2)考える  (頭に行動準備が始まる)・・・始まる

そして
3)言う   (叶えようと気が動く) ・・・周りに示す

同時に
4)あなたの耳にも届く(聞こえる)  ・・・ どう感じて聞きますか??

   言葉がまっしぐらに向かう先に
          結果にふさわしいものが待っている。
        

一つの言葉から 大いなる現象へつながっていく
その 働きの中で 言葉が生き続けています。

あなたの言ったこと、、、いろいろ、、、
どれだけ覚悟ができるでしょうか??
お人に言った言葉も 回転軸はあなたの中にあるものです。

元に返ってきます。
何かを 引き寄せたり、
何かを 起こしながら。

体に優しい言葉なら、
返ってきても とても嬉しく感じます。

そして 起きたことも 「からだ」や「こころ」に優しく触れて、
あなたを支えてくれたり、癒してくれたりと
元に返るのが楽しみです。

触れたこと
見たこと
聞いたこと

その御縁とは、
言葉そのもの
思いそのもの

大きな大きな流れを起こして生きる、
あなたの生き方を示してくれています。

pla068

あなたらしく 生きていけること

あなたの話す言葉の中から
決まっていく、明日 未来

ゆったりと 優しい言葉から いい場面へ

言葉に 選ばれたいなら、、、
道の優しさが 嬉しいなら、、、、
言葉を大切に使って
感動が ある道へ。