2013年8月
« 6月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Address

<p>こころの染め織り工房</p>
<p>〒670-0034</p>
<p>姫路市船丘町296番地</p>
<p>TEL:079-294-5555 FAX:079-294-5535</p>
<p></p>

正しい連鎖

sas0054

連鎖は起きているものでしょう。

知らず知らずに取っている行動の中に連鎖の条件がぴたっとはまっています。

朝起きてから夜寝るまでの時間に取る行動。
その間に連鎖が続きます。

あなたの中にある連鎖も大きく見ると、家族連鎖になり、一族連鎖になり、家系連鎖と言う繋がりが どんどんどんどん 太鼓の音が鳴るように続いて行きます。

それに気が付くことは なかなか容易ではありません。
至って、それが起きやすい形が出来ているからです。

ふと あなたが 何かの時にそれを知る機会が訪れたら、それは とても不思議なほどの 驚きになるでしょう。

今、「幸せになっていますか?」「豊かになっていますか?」「いい人生を送っていますか??」

今 悩みがあれば、それがなかなか断ち切れないものなら、連鎖から来ています。

幸せなら 悩まない。
豊かなら 苦しくない。
いい人生なら 感謝が持てる。

幸せになりたい。
豊かになりたい。
いい人生が送りたい。

その連鎖に変えて行きたいものです。

両親を見る。
祖父母を見る。
周りの親族を見る。

あ、
似たような辛さ。
似たような試練。
似たような苦労。

何が同じですか????

思いこみとか、教訓とか、誰かが残した名文句、「苦労は価値がある」「人生は、苦労あってこそ」という、苦い味の中を生きる心がけ。

それをして 幸せが得られるなら、、、、
その時その時が 豊かになるなら、、、
それを通した人生が いい人生なら、、、

苦しいものは 続かない。
それを 持ち続ける間に、色々な苦しさ 生き辛さ、無気力な生き方が当たり前になってしまうもの。

それをすることが美徳ともなっていたら、、、永遠に楽しさや 楽 喜びは持てようがない。

いい形を作るために、連鎖を変える。
今 無い形の違う連鎖を始める。

それが 良い連鎖。
気がついて、今日から「何かを変えていこう」「小さいことが 連鎖を変えるスタート」

必ず 始まる、あなたからのメッセージ。

sas0045

荒れ狂うように うねる波。

海は広いな大きいな~海は 優しい時もある。
そんな姿を見ていたい

もしかしたら、人生の姿、、、生き方も 知らない楽しいものかも知れない。

生きることを 変える。
意気込まずに、変える。

幸せとは、どんな波???
知りたいね


引き寄せが教えてくれる

体の中の磁石と言えるくらい 大きな力を持つもの

「愛の力」

体の中にある あなただけの愛の磁石力で
同じ力のものが、
どんどんどんどん引き寄せられててくる。。。。。

今日までは そうだった。

体のなかにある家系図。。。。
ご先祖様の生き方、、、
思い方、、、、
それも愛と言う形の中に 込められている、、、

こう生きたかったなぁ
これが 良かったなぁ

切なく思った事も、繋げて来て、、、
あなたが それを探していく、、、

人生は 思ったより複雑、、、、
見えているものが 結果。

怖いもの 不安なものが集まるなら、、、、
磁石の力を転換させていかないと、、、
引き寄せは変わらない。

その力が ヒントになったと しっかり感じて、
そのヒントから 楽しみ 嬉しさを探す力を持って行く。

「そっかぁ。。。。」
「あ、これがいけなかったかなぁ・・・」
「わ、知らずに これをした、、、、」

という 気づき、、、、、

引き寄せられて すこし痛かったことが、、、
ヒントになって、、、、
急転換できる。。。。

ご先祖さまも
あなたも
あなたからの子孫も。。。。

願いは「幸」
幸と言う感触も つなげていける。。。

それを つなげるための 今日のあなたでありますように、、、、

あなたを見る目
あなたの中の
優しい目
優しい感じ
優しい思い

それが幸。
sas0037
今日は ここまで。。。

優しい気持ちで
     過ごして 穏やかに ゆったりと、、、、、


人の重り(おもり)

足におもりがあると、重くて歩けなくなってしまいます。
腰におもりがあると、重さで立ち上がれなくなってしまいます。
頭におもりがあると、重さが体全体に圧し掛かって、
苦しくて仕方がないでしょう。

指先少しでも、おもりは辛いものです。

ハイヒールで踏まれた足の指の痛いのは、
ご存じのとおりですね。

痛くて痛くて笑えてくるくらい、強烈な痛み。

これは、わかりやすい痛みの例です。

このように、、、

体からの メッセージはすぐに感知できます。

体だけ、、、で終わると、、、、
痛む元に意識が行かなくなってしまいます。

お元気ですか???
今!!!

気が重いこと
歩みが重いこと

気にしてみてくださいね。

「何が?」
気を重くしているのか?
歩みを重くしているのか?

そのままでは いけませんよ。

「気がつくこと」
から始めましょう。

「あ!違う!  この感じは、何か違う!」

そして 丁寧に感じてくださいね。

夢が怖くない?
何か やけに気になることがある?
辛いことがあったのに 知らん顔をしている?
泣きたい気持ちを 飲み込んでしまった??
怒りたい時に 我慢していた?

そこから 起きたエネルギーは、意識しなければ、
あなたにくっついたまま 体から離れません。

くっついた思いがこころの中にしっかり残っています。

思いは時間と共に意識から遠ざかって、
いつか、忘れたように振る舞えても、
置き去りにされた思いの辛さは こころにおもりのように
ぶら下がって、行く手を阻んできます。

あなたが知ってることだから
一番の優しさで包んであげてくださいね。

辛かった
悔しかった
泣きたいよぉ~

そんな気持ちが 十分満たされなければ、
とても おもりは取れません。

色々なことがあって、
複雑に 悲しみや悔しさや 憤りが交差して、
こころがかき乱されても、

やさしい自分自身にゆっくり会って、
「わたしがいるよ」
「気持ちは わたしがぜーんぶ見ていたよ」
「これからは わたしがいつも一緒だよ」
・・・って 正直に感じていくことを惜しまない、恐れない。

わたしとわたしで
認め合あうことが 今大切
弱さじゃない
臆病じゃない
どうでも良くなんかない
 

  
  憤りを包めたり
       ・・・そうなんだ!わたしは、こうなんだ!
  悲しみにゆっくり浸ったり
       ・・・ それでいいんだ!!
  この気持ちは まぎれもなくわたし!
       ・・・だれにも これは譲れない!

   そうなんだなぁ~
        あー、大切な気持ちだ!!

大きな深い安心な呼吸ができるまで、
深呼吸
大丈夫なこころが感じられたら 
こころの中のわたし同士が 一体化。
丈夫なこころ
安心なこころ

また 歩めるかな???

こころ、いい感じかな???

そして また、意味のある事柄に変わっていく。
一歩一歩が 素敵な花の道に変わる
足取り豊かに。。。あなたの道そのもの。。。

コットンコットン。。。。。。

そんな時もあるから、忘れないでね。
一人じゃないんだよ。
味方はたくさんいるけれど、一番に受け止めてあげられるのは、

わたしとわたし。

大きく腕を開いて
「飛び込んでおいで。」
あなたが言ってあげる言葉。

nat0003

緩やかに浮かぶ雲が軽いのは、
お天気が良い証拠。

こころのお天気も 緩やかに晴れ渡る、
透き通るような青色が欲しい。

あなたらしい雲、
あなたらしい自然な青色

今日は ここまで。
笑顔ありますか???

pla003


借りたもの

nat0020

親の言ったことは聞かないけれど 
したことは まねをする。

と言う言葉は 子育ての中でよく聞かれる言葉です。

いくら言っても だめだ と言う場合も起きるのが 
親子の仲。

「うまくいかないなぁ」

親もそう思います。
子もそう思います。

見ているものが違うのでしょう。

例えば 。。。。。
親は
「この花はきれいだよ」と わかってほしいと思い、、、、
子供は
その花を見てはいても、
感動しないのかも知れません。

花と一緒の鉢について あれこれ考えているのかも
知れません。(不安定な鉢の置き方だなぁ、、、とか)

親は 花を愛する年齢になっていても 
子供は花が心を癒してくれるものと
実感するとは限りません。

だから 違うのですね。

その中で、親から流れ出たような 
過去の思いや受けた感触は、
見事に子供に入ります。

その感触の不快さを表したり、
感触の不思議を試すように、
行動に現われる時期があります。

親が不快だったものが 親に返る時、、、
味わった以上の不快が親側に流れてきます。

いつか 子供に渡してしまったものが返ってくる。

そんなことがあったことも忘れたころに返ると、
子から返った感触も 
意味が分からないことが多いですね。

親子は不思議な縁があるものです。

ご先祖からのメッセージが子供に受け継がれたり、
多くのメッセージが含まれた存在が家族として
生活しています。

もし 困ったこと わからないことがあったら、
家族の流れを見てみるのも 工夫ですね。

親が受け継いだものも そのまま、子供に流れていたら
何代も前からのメッセージかも知れません。

良いものも、良くないものも、、、
意味があるから 生きて流れます。

持ち方を変えると 違ってくるなら、、、
工夫と 気づきに感謝ですね。

分かるほどの気づきは感謝ですね。

ani0016


精神力のすすめ

pla055

よく眠り
よく食べる
そして よく笑う

こんな風に からだのレベルを上げることで こころのレベルも上がってきます。

凹まないことは からだが元気なことです。

どうしても 気が充実してこないときは、ゆっくり横になって休養を取りましょう。

ふうぅっと意識を遠くの音に集中します。
風の音
車の音
もっといい音を探していきます。

晴れた日なら そのあたたかい日の中に溶けて行きそうなほど、からだを開放していきます。

もっともっと
軽い気持ちで、
良い気持ちで
自分自身だけの気持ちを感じながら、、、、

こんなにいい時間が永遠に続きますように、、、、

この気持ちがいつも自分自身を助けてくれますように、、、、

祈ります。
気持ちをからだで感じて、、、幸せな気持ちを味わいます。

そのまま 少しでも眠りたい、、、、
そんな気持ちまで、持って行きます。

おへその下に落ちついた気持ちを整えることができますか??
意識が現実に返りそうになる時、気持をおへそに集めます。

なんだか嬉しい気持ちが満ちてきましたね。

今日は 精神力のすすめ、、、
、、、、、凹まないすすめでした。。。。。

こころとからだも接ぐ(はぐ)ですね。