2013年6月
  8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Address

こころの染め織り工房

【事務局】

〒670-0034

姫路市船丘町296番地

(株)棉屋

TEL:079-294-5555 FAX:079-294-5535

何がお嫌い?

白と黒、、、
光と影、、、
好きと嫌い、、、

相反するものは、きっと いなくてはならない存在なのですね。

どちらかが 待遇が良くて どちらかはいつも損な役回り。

得と損、、、

それも歴然とある、相反するものですね。

何を好きでいられるか、、、
何が嫌いになっているか、、、

好きな方は あなたがとても得意なことですね。
きっと幼いころに 両親に褒められて 「いいよ」ってにこにこされて
認めてもらったことがあったのでしょうね。
こころが浮き立つような心地よいものですね。
今も その思いを大切にしていますね。

もっともっと その思いを大切にしてくださいね。

かたや、嫌いな方は、、、
悲しみ、怒り、不満は、、、 辛い過去がセットになってます。

幼い日、大切な存在の大人の人の機嫌が たまたま悪くて 凄く怒られたことがあって怯えたのかな??そして、いつも そんなことが多かったのかな??
こみ入ったことを言おうとして うまく言えないことがあって 誤解されたのかな?だから いつも 諦めて 気持ちを言わなくなってしまったのかな??

嫌なことが自分の周りに起こるのは、、、自分のこころの中に磁石がある事柄だと意識してみます。

多くは自分の両親との関係で生じたこころの傷が、後になっても
癒えていないことが多いようです。

そんな傷がサイレンを鳴らすのです。

多くの人と接する中で 苦労が耐えないことがあります。
どうにも この人の言い方は辛い、、、この人のここが気に障る。
傍にいるだけで嫌いで仕方がない。

過去の体験で辛い感情を強く感じる影響を受けてしまった方の中には、大きな傷を背負って その感情に振り回されて 人生を歩まなければいけない方もあります。

大人になって、その後、結婚して(しまって)から その生活の中で嫌な感情が出るのですが、配偶者は分からないことが多いので 途方にくれます。そんな場合は お互いを責めてしまいます。

出てくる感情は 今のものではなく 配偶者のことではなく、過去のものが大部分です。
引き合った結果とは言え  悪循環が始まります。
家族同士こそ 毎日 僅かでも穏やかな時間が欲しいものですが、それが叶わなくなります。

私が好きな心理療法は 過去をゆっくり置き換えたり 振り返るような感覚で負の部分をゼロ またはプラスに差し替えていくような、こころを整理する療法です。

「過去が変えられる」、、、そんな意気込みで臨めます。

こころの中が整理されると、嫌いな人 場面 時間、、、など、自分にとって、生きにくい思いが生じたときにこそ その場面を混乱させずに、しっかり自分の こころを見つめることができるので 人を責めたりせず そういう苦しさを客観的に持てるようになります。

それだけでも 問題は小さくなります。

自分の責任範囲を作ります。
「感情」は、すべて出す人の自己責任です。

自分の感情が苦しいとき 自分のこころを整理していくと、感情の波乱にも戸惑わず、いつか来た道を懐かしむように 遠い昔の田んぼの中を歩くような感覚を持てるようになっていきます。。

「そうだなぁ~今思えば、辛かったなぁ~」
「よく耐えたよなぁ~」
なんだか、、、ホロにがぁい、、、思い出のあの場面。
(思い出せないこともあるのですが、、、)

良い過去に生きる自分を感じていけます。

そして なりたい自分を考えていくことが 大切です。

相反するものの中に とても大切なことが含まれています。

表 裏を観察して ひょこっと何かを発見してみましょう。
不思議がありますね。

思いは遺伝していくことも忘れてはなりません。
幸せをつないでいきたいですね。

そう、、あなたは いつも素敵ですよ。
誰かが見てますよ、、、

今日は ここまで。

080329_1457~0001


夢を見ます

nat0019

取り留めのない、、、不思議な夢です、、、たいていは。
作者は、あなた自身です。
「わかってるよ」とお思いです。

でも訳がわからない。

あなたは夢で何をしていましたか???

笑った
泣いた
怖がった
怒った

夢でよかった、、、ことが多いのでしょうか???
夢だったから 悔しかったのでしょうか???

夢は こころからの 「お願い」として届いているようです。
起きているときには 絶対に触れないこころからです。

忘れてはいけないこと 起きてる時には負担になってしまうことを
そっと届けてきては 「気づき」 のように触れさせては 朝には閉じる。
やさしいですね。。。。気遣いが。。。。
誰からの気遣いですか???

あなた自身ですよ。

大事なお守りが自分自身の中にあるのですよ、、、
人生は 一人ではないのですよ。

あなたは 大切にされています。

応援はたくさんいます。
見えないから 不安でしょう。
だけど、、、見えないものにも 安心しましょう。

何十年、、、の人生、、、、
一人では生きない、、、
なぜ???

試しに、、、困った人がいたら ちょっとお手伝いをしてみたら、、、

なんて、、、嬉しそうな顔を見るでしょう、、、

「笑顔」

早変わりの夢のように 迷い道のように 途中で終わった夢のように、、、
伝えたいことが多くて、、、
本当のこころも大いに込み入ってしまって、、、、
今の時代は 抱えることが多くて お手伝いも大変なんですよ。

欲しいのは「笑顔」なんです。
、、、、今になっても 、、、、 
大人になった あなたにも 子供の時に欲しかったものが、、、、
残ってるのです。

いまさら、、、、とは思わないでくださいね。
叶えましょう、、、、よ。

まずは、、、、
頭の中を空っぽにして 顔は「笑って」見てください。

あなた自身の笑顔をいっぱい見てください。。。。。
一番いい笑顔を見てください。

夢の話は、、、、、あなたの笑顔になりました。
夢の深いお話は、、、後々、ゆっくりいたしましょう。

今日はここまで。

oth017


味方は やっぱり あなたの中に  ・・・待ってみよう

「わかってもらえなくて残念だけれど、もういい」と思ったとき、、、、

「私に必要なものをください」とこころに祈る、、、これは大切なことなのですよ。

こころの中の潜在意識はその問いかけを強烈なほど感じて 潜在意識ができる情報発信を出してくれる。

無念さが通じたような、不思議な状況が起こったりすると、、、、、私たちは「はっ」として、、、
とてもすごいことが起こったと感じてしまうけれど。

潜在意識の世界では何も不思議ではないこと。

信じていた人に裏切られた。

信じた人が中傷によって 言われもないことを信じて去ってしまった。

「きつい!!」 とダウンしないで、、、、

そんなときは 感情を司る潜在意識を感じて待ってみよう。

素直な感情を潜在意識に投げかけてみよう、、、
きっと救ってくれる。

あなたのこころに届くものが用意されて、、、

待つこと、、

待つときは そのとき足りなかった自分の行動や言葉をちょっぴり成長させたい。

よい出来事も悪い出来事も、、、、成長のひとつ、、、
それだけを悲しまないで、、、

自分自身に厳しくすることではなく 耐え難い気持ちを耐えることではなく、
ただ もう今以上に傷つくことを選ばないようにして、

辛い感情に寄り添って「大丈夫だよ」ってやさしく思って待つ。

「今度はこうできたらいいな」 と思って 待ってね、、、

体を壊さないようにして待つのが 大事だよ。

「大丈夫」ができたら もう大丈夫。

ちょっと待つのも大事だね。

今日は 潜在意識がすばらしいという お話でした。

今日はここまで。

pla047


こころは 生きつづけ

「こんにちは」
  ご自分に ご挨拶が出来ましたか???

どんなご自分がいましたか??
思っていたより かわいかった??
いやぁ、、結構おしゃべりで参ったなぁ!!!

でしたか??

からだのサインから こころの中に入っていくと
本当の自分の気持ちに出会えます。

当然だと行動してたことが 実際はとてもストレスを負っていたり、、  
こうだと思い込んでいた自分像が 実際 人に見えている自分の在り方とは、
あまりにかけ離れていることがあるかも知れません。

人から見た自分と 自分がこうだと思って生きているイメージがあまりに違うと、 
自分というもののあり方が 人の中では上手く使えません。
誤解が起こり、摩擦が起こり、、
「いったいなんでうまくいかない!!」と自己爆発で ついには八つ当たり、、、、

いよいよ、実際に問題が起きていきます。

自分を知っていくことが大切なのは 
「全てが自分から出ていることを知らなければいけない」
からなのです。

「あなた」「おまえ」「あいつ」「やつ」、、、、

そんな沢山の悩みも ひとつの思いから生まれていることがよくあるのです。

「簡単なら警察は要らない」、、、
と思う時、、、、

ちょっと、、、お知らせ、、

どんな問題でも、
「本当は こうしてほしかった」
と思う気持ちが強い場面に突き当たります。

ただ それが永遠に残ってしまうのです。

「させてもらえなかった」
という形が強く強く固まっていくのです。

固まったものを取り出して 形を変えていくと、固まるためのエネルギーが
もっと ポジティブエネルギーに変わっていくことがあります。

そのときに やっとこころが解き放たれるのです。

起きた問題に向けて こころが使うエネルギーを変えていくことで、
自分が変わった、ある人や ある問題が気にならなくなった、、、

その時は こころの中の方針が変わったのですね。

エネルギーを燃やすのは 何も車や発電所ばかりではありません。
大いなる旅を続けるために 人生も よいエネルギーを使うこと、、、と言えます。
からだとこころにも エネルギーの燃焼は起きていることですね。

問題の中には こころに燃え盛るエネルギーが 強すぎるものがあると 注意がいるんですね。

今日はここまで

pla073


こころの法則

「忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しみに出会ったら、、、♪~

 静かに眠るのでしょう♪~」
              、、、、いい歌も、、、、

  そんな思いは触れないところに仕舞ってあります。
  持ち出し方にも法則があるのです。

わっ!!いやだぁ、、、と強く思ったことがあると、、、
あまりいやなので考えたくもない、、
無視 無視、、、と行きたいところ、、、

それが、、、
その後 似たような場面に遭遇したとき、、
あなたを そうさせたくないと守ろうとする
法則として働いています。
  

実は 法則をキャッチするや否や 
途端に 場面に立つことに違和感が起こります。

そうすると 行かなければならない場所に行けない、、、、
からだが重い、、、

  あれあれあれ、、、!!

重いからだとこころの両方を 引きずりながら 行動!!! 
辛い!!!
  
 

あなたは、、
しっかり!!とばかり追い詰めてしまう。
  
  肩、、、
  首、、、
  のど、、、、
  お腹、、、
  からだには 多くのメッセージが続々届けられることに、、、
  
  
法則は 生きるための武器となったり、生きにくさとなったりしています。
今の都合でその場その場を生きていくと 「今日は体調が悪い」と見過ごし、
  
「あいつに会うと、腹が立つ」などと言ってみたり、、、、それで終わり。

ちょっとだけ、知らないといけないことは、どんな時にもどんな場所にもいるのが、
  「自分自身」
  
人を理解する前に もっと自分が何者かと気にする「余裕」を持てたら、、、
  ・鏡に映る自分を見る
  ・自分が言っている言葉を聞いてみる
 
  見えない自分、、、を確認することから、、、何かが始まる。

  いつも後回しになっていた自分だったと、、、。
 
  自分に いい顔で 会えますように。
  まずは 「いつも ほんとうにありがとう」から~

  今日はここまで。

060504_1745~0001